キャッシング・カードローン業界は大丈夫?

キャッシング・カードローン業界は縮小傾向にあります。

今年6月に導入された改正貸金業法により「総量規制が」導入され、多くの消費者は収入の1/3までしか借りられなくなりました。

この法改正は利用者が貸金業者に過払い金の返還請求を迫るなど業界は非常にピンチに陥っています。

先日の武富士の会社更生法の申請などは、驚きでしたね。

武富士だけでなく、アイフルも無人店舗を大幅に減らしたり、テレビCMも当面休止するなど広告宣伝費の削減を行い、生き残りをかけた戦いが始まっています。

もう、キャッシングジャンルのアフィリエイトでは稼げない・・・

そう思っているアフィリエイターさんも多いと思います。



しかし!




実は今、密かにキャッシングシャンルが盛り上がっています。


広告主は売上と連動性が高い『広告費』にかなりの予算を組み必死に売上を確保しています。

つまり、アフィリエイターの報酬に『広告費』をかける方向にシフトしているのです。

実際、成果の出せるアフィリエイターには良い報酬条件をどんどん提示しています。

今まではテレビCMで消費者に安心感を与え、「お金を借りやすいイメージを作る」のにお金をかけていたのが、「売上を上げる」ためにお金を使うという考え方にシフトしたと考えます。


会社を継続・拡大して行くにはキャッシュ、つまり売上が命です。


貸金業者からすれば貸出額(お金を貸す)ことが利益を生むことになるわけですから、売上を上げるための投資にはお金をかけるはずです。



あなたは、業界自体が衰退しそうだから、といってチャンスを見逃していませんか?



ではまた次回です!
posted by 携帯アフィリエイター スナフキン at 16:41 | Comment(0) | 携帯アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。